雨の日の釣師のために

--/--スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

残雪の中の一本 おめでとうございます。 
体高が有り流石に三面川の桜という感じがし鱒。 
中落ちのあの甘さは独特ですよね。 
早く食べたいっす。 
スプーンが残り僅かになってきましたので十枚ほどお願い致します。 
なんか焦って来ました。 

あの居繰網の爺さんと諸兄が話している会話は、訛っていて暗号にしか聞こえないのですが、これは村上弁をマスターしないといけませんね(・・;) 
確かに何処を通り何処に着くというのは、手振りですの何となくわかるのですが肝心な細かい内容がチンプンカンプンで(・・;) 

それではまた、くれぐれも釣り過ぎにはご注意を(笑)

2012.04.04 | URL | 礼文島の鱒釣師 #- [ edit ]


No title

眼がギラギラ光ってる三面川三人兄弟って、凄いね。
雰囲気伝わってきます、十分に、、、。
しかし、先日8キロのブリ食べたばかりだけど、サクラも良いねェ、美味そう、、、。

何かこう伝わって来る三面川のイメージって、ローカルで良いですね。
仁秀園さんがうらやましい。

2012.04.04 | URL | 魚絵師 #- [ edit ]


礼文島の鱒釣師 さま

中々の美味でしたよ。本日はあら汁で、「宜有千萬」で現在絶好調です。
有り難いね川からの恵みは、あと一匹は止むを得ずキープしなければならないのですが・・・
昨秋入手したハッチリールもそろそろ出番を待っている状態だから、次回はオーバーヘッドへ移行します。
今年は魚を見ながら釣りをする予定なのですが・・・
スプーンはまだまだ在庫がたんまりありますので心配御無用!
村上弁は新発田弁に比べれば、まだまだ標準語に近いですよ(笑)

2012.04.04 | URL | 仁秀園 #ah1LWOmM [ edit ]


魚絵師 さま

三兄弟とも30年前からのお付き合いなのですが、その頃と全く変わってないですね。とういか当時より眼光が鋭くなったような、やはり魚取りが若さを保つ秘訣なのでしょうか!?
赤川での釣果はリリースでしたので、今回が初めての下ろしでした。中落ちを急冷させたものと生のものとで比較してみたのですが、僅かにシャーベットが残る急冷の方が更に甘味が強い感じでした。一年振りのこの味は本当に格別です。

そうですね、確かに関東方面から見えられるアングラーもすっかり魅了されて帰られているのではないでしょうか。
守り引き継がねばならない大切なものも一つだと思います。

2012.04.05 | URL | 仁秀園 #ah1LWOmM [ edit ]


コメント:投稿

非公開コメント

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

04/032nd RUN

RIMG0020_convert_20120403221622.jpg

「いぐどー」この掛け声で、サケ・マスがビビリます!
居繰網―いぐりあみ―(伝統的漁法:サケ・マスの河川遡上期に、川上から川下に向って2隻の船が1組となり、約3.5mの間隔をとって並行して棚を引きながら漕ぎ下りるもので、この途中に魚が網に入れば、網口を閉じ、竿を持ち上げて舟を寄せ合い、サケ・マスを舟に収容します。)
御年82歳になる”鱒博士”の掛け声とともに網を入れる!なんと云ってもこのチームの流し技は芸術の域。
3人は兄弟、いったいこの兄弟はいつまで舟を漕ぐのだろう。いつも「朝の運動だ」と言ってはいるが、目はギラギラ光っているのです(笑)
また漁法は違うにせよ、そこは同川の組合員同士、情報交換は毎朝バッチリ行い鱒。

RIMG0031 - コピー

そんな嵐の前の静けさの中、上下流見渡す限り誰も居ない、チャンスとばかりにフルキャスト!
来ましたねセカンドランウィーク・・・
三面川の初物なのでキャッチ&ストマック。川と自然に感謝します。「中落ちうめぇ~♪」

=Data=
三面川 ルアー
日時:2012.4.3(Tue)8:00~11:00
潮位:干潮6:18満潮13:17
月齢:11.5
天候:晴、東2.1m/3.5→14.0℃
水温:3.9℃
水量:41.18(放水量52→)笹濁少
現場:gedo
擬餌:18g(SS)
撮影:RICOH PX
釣果:61㎝2.9㎏10:30
釣行:4日目97km/延べ414km

スポンサーサイト

コメント

残雪の中の一本 おめでとうございます。 
体高が有り流石に三面川の桜という感じがし鱒。 
中落ちのあの甘さは独特ですよね。 
早く食べたいっす。 
スプーンが残り僅かになってきましたので十枚ほどお願い致します。 
なんか焦って来ました。 

あの居繰網の爺さんと諸兄が話している会話は、訛っていて暗号にしか聞こえないのですが、これは村上弁をマスターしないといけませんね(・・;) 
確かに何処を通り何処に着くというのは、手振りですの何となくわかるのですが肝心な細かい内容がチンプンカンプンで(・・;) 

それではまた、くれぐれも釣り過ぎにはご注意を(笑)

2012.04.04 | URL | 礼文島の鱒釣師 #- [ edit ]


No title

眼がギラギラ光ってる三面川三人兄弟って、凄いね。
雰囲気伝わってきます、十分に、、、。
しかし、先日8キロのブリ食べたばかりだけど、サクラも良いねェ、美味そう、、、。

何かこう伝わって来る三面川のイメージって、ローカルで良いですね。
仁秀園さんがうらやましい。

2012.04.04 | URL | 魚絵師 #- [ edit ]


礼文島の鱒釣師 さま

中々の美味でしたよ。本日はあら汁で、「宜有千萬」で現在絶好調です。
有り難いね川からの恵みは、あと一匹は止むを得ずキープしなければならないのですが・・・
昨秋入手したハッチリールもそろそろ出番を待っている状態だから、次回はオーバーヘッドへ移行します。
今年は魚を見ながら釣りをする予定なのですが・・・
スプーンはまだまだ在庫がたんまりありますので心配御無用!
村上弁は新発田弁に比べれば、まだまだ標準語に近いですよ(笑)

2012.04.04 | URL | 仁秀園 #ah1LWOmM [ edit ]


魚絵師 さま

三兄弟とも30年前からのお付き合いなのですが、その頃と全く変わってないですね。とういか当時より眼光が鋭くなったような、やはり魚取りが若さを保つ秘訣なのでしょうか!?
赤川での釣果はリリースでしたので、今回が初めての下ろしでした。中落ちを急冷させたものと生のものとで比較してみたのですが、僅かにシャーベットが残る急冷の方が更に甘味が強い感じでした。一年振りのこの味は本当に格別です。

そうですね、確かに関東方面から見えられるアングラーもすっかり魅了されて帰られているのではないでしょうか。
守り引き継がねばならない大切なものも一つだと思います。

2012.04.05 | URL | 仁秀園 #ah1LWOmM [ edit ]


コメント:投稿

非公開コメント

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。