雨の日の釣師のために

--/--スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

アルチェードミクロンは、なんか磨けば磨くほど艶が出てきている様なのですが、ボディは確か青銅でしたっけ?
以前にルアー釣りで同行させて頂いた時より鮮やかに見えます。
磨き過ぎ注意ですよ(笑)
僕の所有のマスコットは、錆が所々に(・・;)
もっと可愛がってやらないといけませんね。もう手遅れかも(・・;)

2012.04.09 | URL | 礼文島の鱒釣師 #- [ edit ]


礼文島の鱒釣師 さま

確かにはじめの頃よりはボディに光沢がでたような
材質=青銅なの?
インスプールのリールってどれもみんな可愛いよね^^
マスコットのブルーカップは綺麗でいい感じ☆
ちゃんとメンテナンスしなきゃ;;

今年もおにぎり持って出かけましょう^^
本流まだ雪代出てないけど^^;

2012.04.10 | URL | 仁秀園 #ah1LWOmM [ edit ]


コメント:投稿

非公開コメント

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

04/07ALCEDO MICRON / Coptes

L1010748_convert_20120408213119.jpg

31年前の早春、酒田のトミヤマ釣具店へ赤川新川の情報入手を目的に古いガラス木戸を開けた。
ふとリールのショーケースを覗くとその端っこに、もう俺には出番はないのかとひとり淋しくポツンと彼はいた。
国産リールがインスプールからアウトスプールへと移行が完了していた時代でもあり、リアドラグ機能もラインナップされはじめた頃でもあった。
富山さんに間髪入れず「これください!」と、もう誰にも渡さないぞとばかりにハンドルを回し続けていた。
その後、今で云うアンティーク系のスピンニングリールは何台か手にしたが、結局フィールドでは彼と一緒なのである。
優秀な相棒で欠点と云われているベイルスプリングの折れ、ラインローラーの割れは未だに一度もない、間の抜けた回転音は何の変わりもなくカチカチとまるで時を刻むかの様な絶妙な音をたて回り続けている。

想い出しただけでも彼と過ごした渓での時間は実に愉快なものでばかりなのである。
長時間釣り続けられるリールではないため「休憩」という「間」を教えてくれたのも彼だった。
今更ではあるが彼には感謝の気持ちでいっぱいである。
「ありがとう。これからもまだまだヨロシク!」
今年もGWが過ぎると、いつものところへうんめえコシヒカリのおにぎり持参で二人でお出掛けをするのです。

スポンサーサイト

コメント

アルチェードミクロンは、なんか磨けば磨くほど艶が出てきている様なのですが、ボディは確か青銅でしたっけ?
以前にルアー釣りで同行させて頂いた時より鮮やかに見えます。
磨き過ぎ注意ですよ(笑)
僕の所有のマスコットは、錆が所々に(・・;)
もっと可愛がってやらないといけませんね。もう手遅れかも(・・;)

2012.04.09 | URL | 礼文島の鱒釣師 #- [ edit ]


礼文島の鱒釣師 さま

確かにはじめの頃よりはボディに光沢がでたような
材質=青銅なの?
インスプールのリールってどれもみんな可愛いよね^^
マスコットのブルーカップは綺麗でいい感じ☆
ちゃんとメンテナンスしなきゃ;;

今年もおにぎり持って出かけましょう^^
本流まだ雪代出てないけど^^;

2012.04.10 | URL | 仁秀園 #ah1LWOmM [ edit ]


コメント:投稿

非公開コメント

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。